FC2ブログ

kabutoの日記 日々のつれづれ 清く正しく美しく?

女性の多い医療介護の職場で学んだ事

医療介護の職場で学んだ事、これほど、特に女性という存在について学ぶ場所はないと思います。
女性は、男性以上に裏表が違う方が多い。という事。男性以上に見栄はりだという事。結局、女性は、自分自身とその分身である子供しか興味がない事。
女性は基本的にサディストだと思っていた方が良いかも。
厳密な意味での恋愛結婚などは、成り立たない事。
両親から離れて一人暮らしをしたことのない女性はある意味お嬢様ですが、世間知らずの人が多いという事。
逆に言えば、これらの事を、あらかじめ 男性側が周知の事実として頭に入れて、全ての女性を見ると良いという事だと思います。これは、あらゆる年齢の女性に言えると思います。
医療介護の現場にいると、病気の夫を足しげく見舞いにくる妻がいます。夫の為につくす女性は、妻の両親が、男性を大切にする教育をしてきたという事です。 認知症の夫に、一日中病院で付き添ったりする女性が居ますが、財産目当てとか子供がいないという場合を除けば、かなり希少な愛情深い女性でしょう。 男女が逆の場合も同じだと思います。
残念ながら、男女ともお一人さまきや離婚者が増えると、自分の事しか考えない人が増えると思いました。
自己への戒めも含めて(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<住宅過剰供給の時代に突入?。 | kabutoの日記 日々のつれづれ 清く正しく美しく? | 先週の週末トレッキング>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| kabutoの日記 日々のつれづれ 清く正しく美しく? |